色々なうつ病について

女性

目がつらいうつの注意点と治療を紹介します

うつ病では気分の悪さなどの精神面での症状の他に、睡眠がやりにくくなったり食欲がなくなるなどの体の症状も出やすいと言えます。そしてそんなときには「うつ病目がおかしい」と言われるような場合もあるので、目の調子が悪いときにはこの種の病気の可能性があることも考えた方が良いでしょう。特に目医者に行っても原因がはっきりせず十分に治療ができない場合には、それであきらめずに精神科などに行ってうつ病であるかを調べてもらうことをお勧めします。また「うつ病目がおかしい」という場合には意欲の低下などうつ病の他の症状が出ていることもあるので、この病気の症状を調べてみるのもプラスになると考えられます。さらにうつ病の際にはできるだけストレスを作らないようにしたり、焦らずにゆっくりと治していこうとすることも大事です。なおこの病気では治療で治ることはできますが、再発に注意することも大切なので症状が軽くなっても自分だけで薬を飲むのをやめたりするのは避けるべきです。たとえばうつが治っても死別があったり仕事でがんばりすぎる場合にはまたうつになる可能性もあるので、そのような点についてもよく調べておいた方が良いはずです。そして目の調子が治っても他の体調が悪くなった場合にはこの病気かどうかを考えて、精神科の医師などに相談してみることも大切と言えるでしょう。

目の状態が悪いときに「うつ病目がおかしい」ということだとはっきりと分かるためには、うつ病の治療を行う精神科の病院などに行って見てもらうことをお勧めします。このようなところでは症状を聞いた上で、うつ病的であっても「うつ病(大うつ病性障害)」なのか躁状態も出てくる「双極性障害」なのかを調べます。そしてその患者が「うつ病目がおかしい」という状態だと分かればしっかりと休養させて、それと同時に薬物療法を行うことになります。さらにそれぞれの症状に応じた形で向精神薬を使ったり、薬以外でも精神療法などを行うようにしたりすると考えられます。精神療法に関しては、冬季のうつの場合に一日に光を数時間あてるようにする「光療法」や睡眠と覚醒のリズムを変える「睡眠療法」などを行ったりします。また夜間に宿泊して治療を行い、昼は会社に行けるようにする「ナイトホスピタル」という方法もあり、この場合には社会復帰にプラスになると考えられます。さらに病院の場合には色々とカウンセリングを行ったり再発防止のための薬物療法を続けたりするため、その点でもうつ病をしっかりと治しやすいと言えるでしょう。以上のように「うつ病目がおかしい」という場合でも病院で診断してもらいその状態に合った治療ができる可能性が高いので、利用してみることをお勧めします。